テーマ:クラシックカメラ

地点は取り戻せるが時間は取り戻せない ICAREX35

以前から気になっていたICAREX35と言う西ドイツの一眼レフ手に入れました。 けっこうキレイで標準テッサー付きで6480円。届いたらウエストレベルでした、だから安かったのか・・・・ファインダー交換式なのですが、後から商品写真見直すとファインダー立てた状態、後ろからの画像もあり、完全自分の勇み足。 一応ツァイス.イコンから1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真面目な入門機 フジペット35 修理完了

また掴まされました。北海道のリサイクルショップがヤフオクで出していたフジペット35。ファインダー曇りながら美品で完動品ということで買ってみましたが・・・・ シャッターリングの速度を決める白点があるプラスチックのカラーが馬鹿になっており回る、一緒にピントリングも回る、シャッター速度がどこで切れているかわからない。シャターリングはガリガリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

複雑怪奇の ブラウン パクセッテ シリーズ

西ドイツのブラウン社が出していた一連のレンズシャッター35mmカメラシリーズ、それがパクセッテなのです。 まず持って社名からよく勘違いされる会社です。ブラウンで旧西ドイツといえば、髭剃りで有名なブラウン社と思われるかもしれませんが、全く別の会社です。クラシックカメラを始めた頃は髭剃りのブランがカメラも作っていたんだなあと思っていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また出たオーパーツ M39/ゼニット インダスター61L/Z50mmF2.8

オーパーツとは(out-of-place artifacts)とは場違いな工芸品、その時代に有るはずがないような異物みたいな意味で、有名なのはネブラディスクやアンティキティラ島の機械などが有名ですが、このインダスター61L/ZのM39/ゼニットはむしろ逆の意味でなぜこの年代でM39ゼニットが有るのか?という意味で逆オーパーツ?という…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ライツと同郷 ライドルフ ロードマート

ライドルフ ロードマートというカメラをご存知でしょうか?戦後ドイツで多かったレンズシャッター使用のレンズ交換式レンジファインダーカメラの一つです。 ライドルフ社は1921年にルドルフ・ライドルフがWetzlar(ヴェツラーと書いたほうが、標準ドイツ語の発音に近いようですし、旅行会社のサイトもヴェツラー表記が多い気がします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに発見!! M39/ゼニットマウント Mir-10A 28mmF3.5

以前からこれは欲しいと書いていたM39/ゼニットマウントのMir-10Aをとうとう入手しました。 今回もMTO500mmF8やTair3 300mmF4.5などと同じく、eBayで発見、モスクワのお店が出しておりました。 3回ほどモスクワ近郊のロシアのお店で購入していますが、品物も良く、送料もドイツなどに比べると半分くらいで済み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェコスロバキアの隠れた名機 メオプタ ミローナII

チャコスロバキアという国は分裂してしまいましたが、今でもメオプタというメーカーは今でも健在です。 https://www.meopta.com/en/ ミローラIIはそのメオプタが出していたフォールディングカメラです。(スプリングカメラと言うにはボタンを押して、1動作で組み上がらない) メオプタというとクラシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと見つけた!! エディクサ用M42 シュナイダー クルタゴン28mmF4

シュナイダーの一眼レフ用広角レンズです。当時としては超広角にぎりぎり入るのでしょうか?M42マウントのクルタゴン28mmF4です。 推定1960年代はじめ頃のレンズと思います。(1962年と書かれている資料も) レチナレフレックスの同名のレンズの鏡胴替えなのかが気になるところです。 フィルター径49mmの小さなレンズで、自動絞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年桜撮影総括

今年は昨年に比べて冬が暖かかった代わりに一気に暖かくなるということがなく寒い日が時々入ったり、雨が多かったりで桜はかなり遅かった気がします。 彼岸桜を3月27に撮りに行きましたが、ちょうど満開。 例年より5日前後遅い気がしました。 桜の季節となると、やはり大判、中判を持ち出したくなります。 彼岸桜撮影に持っていったのは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ有ったのか! M39/ゼニットマウント タイール3 300mmF4.5

以前MTO500mmF8を見つけたとき、正直後はMir-10AのM39/ゼニットマウントがあればほぼ終わりかな?と思っていたらまだ有りました。M39/ゼニットマウントのレンズ!! タイール3系はM42では時々見かけますし、またフォトスナイパーに使われたレンズもほぼタイール3なので、そこまで珍しいレンズではないのですが、M39/ゼニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 名古屋 松坂屋 春の中古カメラ市

丸栄も無くなり、昨年秋の中古カメラ市、冬の中古カメラ市ともどもブースが狭くものもあまりない感じで、正直桜の撮影も重なってしまい、今回は行くかどうか非常に迷いました。 幸い、昨日(4月2日)の午前中、10時半頃までに撮影終わらせ、その間は晴れていましたが、家に帰ってすぐに空はにわかにかき曇り、12時半頃結構な通り雨。いい時に撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきたコンタックスD(2号)

以前死神カメラとして書いたコンタックスD、その後、部品取りのジャンクがもう一台あればもしかしたらなんとかなるかもしれないとのことで必至に探しました。 3000円前後でなんとか・・・とさがして昨年12月頃、もう一台、ジャンク品を確保しました。 相手が理解のある方で直接修理屋さんへ送っていただけて、その後約2ヶ月半ほどたち電話がかかって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M39ゼニットレンズ総括 ゼニットCと交換レンズ群

ちょうどユピテル-9 85mmF2でゼニットCのセットがほぼそろったので、集合写真とソ連の工場などについてちょっと書いてみたいと思います。 写真左からミール1 37mmF2.8 ヘリオス44 58mmF2 ゼニットC(Cはキリル文字でエス)M39ゼニットマウントの一眼レフでは2代目でシンクロ接点が付きました。付いているレンズは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お手軽ピンホール ケンコーLマウントピンホールレンズ

ピンホールというと自作工作される方も多く、金属製のあられなどが入っている箱(こちらの地方ではガンガンといいますが、多分方言でしょう)に針穴を開けて、印画紙を暗室で貼り付けて撮影時に穴に張ってあるテープとか遮光部分を外して露光、その後また遮光して暗室で現像など、どちらかというとそういうイメージがあるかもしれませんが、手軽にピンホールをやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋 名鉄百貨店冬の中古市

丸栄が亡くなり、先回の秋の中古市も散々だったので今回行くかどうか迷いましたが、今回は藤井商店さんも参加とのことですし、鈴木特殊さんなどもやってくるので行くことにしました。 会場が滅茶苦茶狭く、某国バイヤーとせ●りの連中がうじゃうじゃで身動きとれず。冬なのに会場は暑く、低温サウナかと言うような状態・・・・・ テレビカメラも来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽堂初 35mmカメラ ビューティ35(初代)

太陽堂光機といえば、二眼レフのビューティーフレックスシリーズや66一眼レフのレフレックスビューティが有名ですが、1955年35mmレンズシャッターカメラの市場に参入してきました。 それが1955年6月発売のビューティ35です。 初の35mmカメラとしては、セルフコッキング(フィルムを巻き上げるとシャッターもチャージされる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソ連はダブルマガジンがお好き? ベークライトのスメナ3

正直ソ連、東独カメラはアガート18K、コンタックスDでもう懲り懲りですが、このカメラはコンタックスDを買う前に買ったカメラです。 結構この手のカメラとしては高かったのですが、外観が綺麗そうなものを選んでヤフオクで落札しましたが、やはりそのままでは行きませんでした・・・・ シャッターなどは問題なかったのですがレンズシャッターユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修理屋殺し 東独コンタックスシリーズ

実は今年6月ごろ、ジャンクのコンタックスDを入れました。ヤフオクで完全ジャンクとのことでしたが、シャッター幕がかなりボロボロで光線漏れするものの、動作しているではないですか!! 後はファインダーの汚れくらい! これはあたりを引いたかな?早速シャッター張り替えてもらおうと修理に出して、地獄を見た顛末を・・・・ 西側に出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国 マイナーボックスカメラ ケニルワースモデルII

イギリス製のあまり知らないボックスカメラを少し前に入手しました。 ケニルワースモデルIIという名前。モデルIIなのでI型もありました。II型がでるということはそこそこ売れたのでしょうか? イギリスカメラといえば、ダゲールと並んで、ほぼ同時代にカロタイプ(ダゲレオタイプと違い、なんとネガポジ式)をタルボットが発明している写真発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンセプト最高、作りは最低!迷カメラ アガート18K

多分20年ぐらい前に結構はやったのではないでしょうか?ソ連カメラのアガート18Kです。(ソ連崩壊後はウクライナカメラですか) アガートとは瑪瑙のことです。 とにかく、このカメラ、設計コンセプトとかデザインとか、いろんな面で素晴らしいと思うのです。 まずタバコの箱くらいの大きさ(タバコすわないのですが)らしく、タバコケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローデンシュトック付!ビローラ最高級機? ビローラベラ35

ビローラ(Biloraなので、ビロラのほうが発音近いのか?)というメーカーをご存知でしょうか? ちょっと通な方ですと、ビローラBOYというベークライト製のおしゃれな127フィルム使用のボックスカメラをご存知かもしれません。 しかし、このビローラというメーカー、日本語の資料はほとんど情報がありません。 海外のウィッキを見ると多少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最廉価フルサイズ円周魚眼 Peleng8mmF3.5

実はこのレンズ、今年(2018年)4月に新品で購入したものです。 購入の顛末は日本カメラ7月号の読者欄にも乗せていただきましたが、字数制限でかなりカットされたりしていますので、改めて、実写も終わったので、購入の顛末から使用した感想について書いてみたいと思います。 日本カメラ 2018年 07 月号 […
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の丸栄中古カメラ市

丸栄最後の中古カメラ市行ってきました。 玉虫色のことばかり書いても、面白みが無いので、今回は本音で嫌だったことを書こうと思う。 正直いかなきゃよかったかな・・・・ テレビカメラと某国人バイヤー(こう書けばどこの国か察しはつきますよね?)ばっかり。某国人バイヤーのキャリーバックやデカイリュックは邪魔だわ、かたまるは大声で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピアゾナーの末裔か? ユピテル-6 180mmF2.8

兎に角デカイです。ユピテル-6 180mmF2.8。今年の1月に入手した巨大金棒です。 購入したものは、ゼニット/M39マウントです。おまけで、ゾルキ用のスペーサーというか中間リングも付属していました。これを付けるとゾルキなどで、フランジバックがあって無限遠撮影は出来ますが、目測になるので、遠距離切り取り専用でしょう。単体ファイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年春 名古屋栄 丸栄中古カメラ市へ行ってきました。

4月19日の初日から丸栄の中古カメラ市へ行ってきました。 丸栄の取り壊しの伴いこれで最後かと言う不安もありましたが、今後の予定としては 6月21~26日に取り壊し前に「さよなら中古カメラ、用品大バーゲン」を行うと言うことです。 9月の秋、12月の冬は未定ですが、2019年4月からは新しい会場を押さえたのでとりあえず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年桜撮影1回目。

今年は3月に入っても寒く、桜は遅いだろうと思っていたら、彼岸桜とソメイヨシノがほぼ同時くらいに咲き始めてしまいました。 とりあえず、25日の日曜日に機材一山持って彼岸桜撮影に行って来ました。 人も少なく、あまり移動しなくてよい、彼岸桜の古木があるので、そこで大判なども久しぶりに使い撮影しました。 今年入ってから特に撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M39/ゼニット ユピテル-11(ЮПИТЕР-11)135mmF4(ファットユピテル?)

ユピテル(英語読みだとジュピター)、木星、あとはローマ神話の最高神、ギリシャ神話のゼウスに相当ですが、多分、木星の意味でしょう、ソ連レンズ、星や天文系の名前が多く、オリオン、ヴェガ(琴座アルファ星、日本だと七夕の織姫)、ゾディアック(黄道帯)、ヘリオス(太陽、もしくはギリシァ神話の太陽神)etc ユピテル系は、ツァイスのコンタック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M39/ゼニットマウント ミール1( Мир-1)37mmF2.8

M39マウントのゼニット用ではほぼ唯一の広角レンズです。 「ほぼ」と言っているのは、どうもミール10A28mmF3.5にM39/ゼニットマウントがあるらしいということです。 ただ、私自身は物を見たことも無く、M39/ゼニット用と書いてあるものも、この頃出ていたロシア製Tマウントの誤認の可能性も鑑み、有るとは断定できません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M39/ゼニットマウント インダスター24M 10.5cmF3.5

ソ連レンズとして、よく使われる有名なネーム、インダスター名の長焦点レンズです。 インダスターは標準レンズによく使われるネームですが、これは中望遠(望遠構成で無いので本来は長焦点レンズと書くのが正しいですが便宜上)レンズなのです。 他に28mmなどのインダスターがありますが、これはハーフ用の標準レンズ、チャイカ用のインダスター69 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M39/ゼニットマウント テレマール22 200mmF5.6

ウクライナから出品者の対応や、物が届くかどうかの不安など、そちら方面では書きましたが、肝心のこのレンズについては、しっかり触れていなかったので、3度目の登場となります。 テレマール、キリル文字で書くとТелемарとなります。 結局、1ヶ月くらいはかかったものの、物は手に入り、状態もそれほど悪くありませんでしたが不安の伴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more