2020年フィルム撮影本数総括

2020年の撮影本数を集計してみました。


コロナ禍なので去年より少ないかと思ったらほぼ同じくらいでしたが、2010年ころは100本超えていたのを考えると現像代、プリント代の相次ぐ値上げやフィルムの大幅値上げが続くと言う状況の厳しさを感じます。


地元のキタムラのフロンティアのフィルムキャリアが壊れてしまって、その日の内に同時プリントができなくなったせいもあり、35mmのカラーネガでほとんど撮らなくなっているのが記録からわかりました。


127とか16mm、ミノックスを全然撮っていないのがいかんですね。

2020撮影本数.jpg

35mmリバーサルは一番好きなベルビア100Fがだいぶ前に廃盤、数年前にストックが無くなったのでプロビア100Fをメインで使い、時々ベルビア50を混ぜています。

ベルビア100は好きでないので・・・


カラーネガは35mmではフジカラー100でよくテスト撮影やっていたのですが、地元のキタムラで先に書いたとおり即日同時プリントも現像もできなくなり、外注で時間がかかるのであまり使わなくなっていまいました。記録を見返してこんなに減っていたのに驚きです。

120は67クラスとなるとやはり伸ばした時に違うので時々使いますが、プロ400Hのみ使っています。

モノクロは35mmではアクロス100は廃盤時に買い込んだので大丈夫です。

しこたま買い込んだので「あと10年は戦える!」(とか言ってるとあと1ヶ月で敗戦しそうなので不吉)

最近は36枚撮り切るのが大変で、フォマパン200の24枚撮りをよく使います。

トライX400の24枚撮りは高くなりすぎて・・・800円くらいの頃に結構買い込んであるのでしばらく大丈夫です。

トライX400のストックがなくなったあとはフォマパン200にくわえてローライRPX400を使おうかと思っています。2本くらい使って結構良かったので。現在3本セットで買った最後を撮影中です。

120はアクロス100が当分ありますが、400を使いたい時はトライX400を使ってきました。残弾8本までうち減らされ、値上げがすごいので、ローライRPX400を考えています。

4✕5インチはベルビア100Fがまだ売ってくれているので、これを使っています。
モノクロはアクロス100が廃盤後、何にするか未だに考えていますが、現像代が異常に高い(モノクロは)ので、モノクロは67~69くらいで我慢するかと最近思っております。


年越しのフィルムは

イカレックス35(試写中)に入っているベルビア50(36枚撮り) 10枚弱撮影

エクサに入っているフジカラー100(24枚撮り) 半分近く撮影

ライカM3に入っているローライRPX400(36枚撮り) まだ数枚しか撮影していない

の3台となりました。


ノートにメモを付けておいたものを上のスキャンした紙に書き出して集計しているのですが、こういうときに万年筆にカラーインクを入れてあるのでそれを使って書いて楽しんでいます。


ブルーインクはラミーabc にラミーのブルー

ターコイズインクはペリカンスーベレーン800(M)にペリカンの旧パッケージターコイズ(当時は800円でしたよ)、スーベレーン800も私が買った時は35000円くらいで買えたのです・・・・


オレンジインクはパイロットのカスタムヘリテイジ92(MF)にパイロット色雫の夕焼け。国産万年筆もけっこう値上がりしていて吃驚です。

薄墨色はツイスビーECO T(スタブ)にパイロット色雫の霧雨を入れています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント