一番安い吸入式万年筆? ツイスビー ECOシリーズ

最近カメラを買うとハズレが多く何か、ちょっとカメラやレンズを集める情熱が冷めてしまった感じで、こんなときにはちょっと安い万年筆で以前から気になっているのを買ってみようかなと思ってみました。

P1040113.JPG


P1040112.JPG


P1040107.JPG


もう10年近く前でしょうか?趣味の文具箱にこの台湾ブランドの万年筆が紹介されて、ずいぶん安いが、大丈夫かな?

P1040108.JPG

新興ブランドだと、ノウハウなど大丈夫だろうかと思ったものの、気にはしていたブランドでした。


それから10年近く経つと思うのですが、消えることもなく評判も良いので、調べたところ、他社のOEM生産などを40年以上やっていたそうです。



今回は吸入式のECOシリーズの中でも最新型のECO-Tを買ってみました。税込み5500円。

Tは「グリップにも改良が施され、しっかりと持ち手が固定できるようになりました。」とアナウンスされていますが、ペリカンツイストやラミーサファリのような感じでもなく、特に正しい握り方が自然にできるという感じはなかったですが、握りづらいというわけでも有りません。

カラーは青い巨星のパーソナルカーにしてみました。(前回買ったラミーabcが赤で通常の3倍だったので)

ペン先はスタブにしてみました。高い万年筆ではこんな特殊なペン先は試筆してしっかり選ぶかしないと怖くて買えませんが、値段的には廉価版万年筆であるということと、またツイスビーのスタブはそれほど縦、横の字幅の差が極端でないと書かれていたのでちょっと冒険してみました。


正直、そこまで差がなく、国産の太字くらいの字幅、斜め線を引くと左上から右下と右上から左下の時が先の太さに差が出る気がします。


太字に近いので、ペン先の滑りはやや重く、ペン先はステンレスで固く感じます。細字とかにすると、なめらかな書き味かもしれません。


また、この万年筆の特徴として、分解用治具と小さなオイルが入っている点です。ピストン部分分解して、滑りが悪くなったら分解してオイルを塗れますが、どちらかと言うと遊び心みたいなものでしょうか?

P1040109.JPG


P1040111.JPG

分解による破損は1年保証効かないので、注意が必要です。もちろんペン先やペン芯の分解はできません。(自分でペン先調整される方もおられますが、全て自己責任になりますし保証効きませんので注意!!)

P1040110.JPG

ピストンの感じやキャップのねじ込み、尻にキャップを指した感じなどしっかりしている感じです。

これで5000円税別なら人気が出るのもわかります。カラーバリエーションも多いのが良いですね。


インクはパイロットの霧雨を使ってみました。

霧雨魔法店謹製とか弾幕は弾幕は火力だぜとか、そちらの方ではないです。

ツイスビー試筆.jpg

もっと薄いグレーのような色を予想していましたが、薄い墨のような色ですね。細いペン先で使うとほとんど黒です。

太字などで使ったほうが表情が出るインクではないでしょうか?









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント