ソ連最高のマクロレンズ VOLNA-9 50mmF2.8マクロ

また買ってしまったソ連レンズ。VOLNA-9 50mmF2.8マクロ(読み方はヴォルナでよいのかな?) ヴォルナは波の意味です。 ソ連最高峰のマクロレンズで間違いないと思います。 5郡6枚の変形ガウスタイプ。1/2倍マクロで、リバースアダプターで逆付けすると、等倍マクロになります。プリセットなので逆付けしても得に不便は…
コメント:0

続きを読むread more

地点は取り戻せるが時間は取り戻せない ICAREX35

以前から気になっていたICAREX35と言う西ドイツの一眼レフ手に入れました。 けっこうキレイで標準テッサー付きで6480円。届いたらウエストレベルでした、だから安かったのか・・・・ファインダー交換式なのですが、後から商品写真見直すとファインダー立てた状態、後ろからの画像もあり、完全自分の勇み足。 一応ツァイス.イコンから1…
コメント:0

続きを読むread more

真面目な入門機 フジペット35 修理完了

また掴まされました。北海道のリサイクルショップがヤフオクで出していたフジペット35。ファインダー曇りながら美品で完動品ということで買ってみましたが・・・・ シャッターリングの速度を決める白点があるプラスチックのカラーが馬鹿になっており回る、一緒にピントリングも回る、シャッター速度がどこで切れているかわからない。シャターリングはガリガリ…
コメント:0

続きを読むread more

廉価版万年筆シリーズ ラミーabc万年筆

久しぶりに廉価版万年筆を買ってみました。ラミーabcです。店頭で見て面白そうだと思って買ってみました。 LAMY ラミー 万年筆 ペン先A abc レッド L10-A 両用式 コンバーター別売 正規輸入品 廉価版万年筆だと、個人的にはコストパフォーマンス、書き味含めてパイロットのカクノが最高だと思っているのですが、数万円の万…
コメント:0

続きを読むread more

複雑怪奇の ブラウン パクセッテ シリーズ

西ドイツのブラウン社が出していた一連のレンズシャッター35mmカメラシリーズ、それがパクセッテなのです。 まず持って社名からよく勘違いされる会社です。ブラウンで旧西ドイツといえば、髭剃りで有名なブラウン社と思われるかもしれませんが、全く別の会社です。クラシックカメラを始めた頃は髭剃りのブランがカメラも作っていたんだなあと思っていました…
コメント:0

続きを読むread more

2019年秋 名古屋松坂屋中古カメラ市 参陣せず!!

今回の中古カメラ市ですが、私は参陣しませんでした。 はがきを見て愕然としました、名古屋のハットリカメラ、イトウカメラが不参加、更に大阪の藤井商店が不参加。 原因ははっきりしています。8月14~20日の新宿クラシックカメラ博に出店してものが殆どないのでしょう・・・ 結局名古屋は東京の残り滓ということです。初日の今日(9月…
コメント:0

続きを読むread more

愛用カメラバックの肩紐切れる!! カメラバック新調の道のり

ちょっとした撮影や散歩撮影、旅行の時など最小限の機材で行く時にいつも使っていた愛用の肩掛けカメラバックの肩紐がとうとう切れてしまいました。 この8月に東方風神録聖地巡礼で洩矢神社、諏訪下社、など諏訪地方。 【上海アリス幻樂団】東方プロジェクト東方風神録 〜 Mountain of Faith. - あきばお〜楽天市場支店 …
コメント:0

続きを読むread more

レシーフ クリスタル万年筆 ダイレクトフィリング

この万年筆を買ったのは、楽天カード作ったりとか楽天銀行を開設したりしたら、期間限定ポイントが大量にもらえたので、最近万年筆買ってないなあ・・・・ そこそこの値段で面白そうなものはないかな?と探したところ、ありました!! レシーフのクリスタル万年筆。9000円ちょっとだったので、ポイントを使って購入してみました。 フランス製の万…
コメント:0

続きを読むread more

また出たオーパーツ M39/ゼニット インダスター61L/Z50mmF2.8

オーパーツとは(out-of-place artifacts)とは場違いな工芸品、その時代に有るはずがないような異物みたいな意味で、有名なのはネブラディスクやアンティキティラ島の機械などが有名ですが、このインダスター61L/ZのM39/ゼニットはむしろ逆の意味でなぜこの年代でM39ゼニットが有るのか?という意味で逆オーパーツ?という…
コメント:2

続きを読むread more

M氏追悼 サンレンズの歴史と サン・ソーラ90mmF4

去る6月27日に色々とクラシックカメラのことなど教えてくださったM氏が急逝されたと聞き大きなショックを受けました。(26日に亡くなられたようです) 年がほぼ近いことも有り、カメラ以外でも意外と趣味が合うところがあり、ネット上だけとはいえ色々と教えていただいたり、修理不能のバラバラコンタックスIのときには程度の良い修理ベースのものを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライツと同郷 ライドルフ ロードマート

ライドルフ ロードマートというカメラをご存知でしょうか?戦後ドイツで多かったレンズシャッター使用のレンズ交換式レンジファインダーカメラの一つです。 ライドルフ社は1921年にルドルフ・ライドルフがWetzlar(ヴェツラーと書いたほうが、標準ドイツ語の発音に近いようですし、旅行会社のサイトもヴェツラー表記が多い気がします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地味なレンズ? M42マウント ペンタコン200mmF4

最近入手した、スペック的にもネーミング的にもちょっと地味な感じのする望遠レンズです。 東ドイツのペンタコン製の200mmF4、プリセットのM42マウントです。 本来は特にめちゃくちゃ欲しいというレンズではなかったのですが、つい最近質の悪い夏風邪にかかって、微熱が続き頭がボ~としていました。以前6800円で売りに出たとき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに発見!! M39/ゼニットマウント Mir-10A 28mmF3.5

以前からこれは欲しいと書いていたM39/ゼニットマウントのMir-10Aをとうとう入手しました。 今回もMTO500mmF8やTair3 300mmF4.5などと同じく、eBayで発見、モスクワのお店が出しておりました。 3回ほどモスクワ近郊のロシアのお店で購入していますが、品物も良く、送料もドイツなどに比べると半分くらいで済み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェコスロバキアの隠れた名機 メオプタ ミローナII

チャコスロバキアという国は分裂してしまいましたが、今でもメオプタというメーカーは今でも健在です。 https://www.meopta.com/en/ ミローラIIはそのメオプタが出していたフォールディングカメラです。(スプリングカメラと言うにはボタンを押して、1動作で組み上がらない) メオプタというとクラシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと見つけた!! エディクサ用M42 シュナイダー クルタゴン28mmF4

シュナイダーの一眼レフ用広角レンズです。当時としては超広角にぎりぎり入るのでしょうか?M42マウントのクルタゴン28mmF4です。 推定1960年代はじめ頃のレンズと思います。(1962年と書かれている資料も) レチナレフレックスの同名のレンズの鏡胴替えなのかが気になるところです。 フィルター径49mmの小さなレンズで、自動絞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年桜撮影総括

今年は昨年に比べて冬が暖かかった代わりに一気に暖かくなるということがなく寒い日が時々入ったり、雨が多かったりで桜はかなり遅かった気がします。 彼岸桜を3月27に撮りに行きましたが、ちょうど満開。 例年より5日前後遅い気がしました。 桜の季節となると、やはり大判、中判を持ち出したくなります。 彼岸桜撮影に持っていったのは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ有ったのか! M39/ゼニットマウント タイール3 300mmF4.5

以前MTO500mmF8を見つけたとき、正直後はMir-10AのM39/ゼニットマウントがあればほぼ終わりかな?と思っていたらまだ有りました。M39/ゼニットマウントのレンズ!! タイール3系はM42では時々見かけますし、またフォトスナイパーに使われたレンズもほぼタイール3なので、そこまで珍しいレンズではないのですが、M39/ゼニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 名古屋 松坂屋 春の中古カメラ市

丸栄も無くなり、昨年秋の中古カメラ市、冬の中古カメラ市ともどもブースが狭くものもあまりない感じで、正直桜の撮影も重なってしまい、今回は行くかどうか非常に迷いました。 幸い、昨日(4月2日)の午前中、10時半頃までに撮影終わらせ、その間は晴れていましたが、家に帰ってすぐに空はにわかにかき曇り、12時半頃結構な通り雨。いい時に撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東独M42レンズ マイヤー プリマゴン35mmF4.5

コンタックスDも無事帰ってきたので、プリセット絞りの35mm広角レンズを探していました。 フレクトゴン35mmF2.8は自動絞りのものを以前知人から安く譲ってもらっていますし、銀鏡胴のプリセットは結構高いので、どうしたものかと思っていたところ、マイヤーのプリマゴン35mmF4.5が安く出ていたので、入手してみました。 レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきたコンタックスD(2号)

以前死神カメラとして書いたコンタックスD、その後、部品取りのジャンクがもう一台あればもしかしたらなんとかなるかもしれないとのことで必至に探しました。 3000円前後でなんとか・・・とさがして昨年12月頃、もう一台、ジャンク品を確保しました。 相手が理解のある方で直接修理屋さんへ送っていただけて、その後約2ヶ月半ほどたち電話がかかって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more