The Analog life

アクセスカウンタ

zoom RSS グデーリアンの愛車 FTF 1/72 Sdkfz251/6ausfA

<<   作成日時 : 2018/06/06 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前買ったポーランドFTFの1/72 Sdkfz251/6ausfAを組み立ててみました。
画像


ハインツ・グデーリアンがポーランド〜フランス戦で使用した無線指揮装甲車両。
グデーリアンもロンメル同様前線で指揮する将軍で、後方でふんぞり返っている将軍とは違います、やはりこういうところは兵士にも人気が有ったのでしょう。
自らこの車両の機銃をぶっ放して兵を鼓舞したとかの逸話もあります。
画像


グデーリアン座上の車両番号のデカールもあります。
画像


FTFでも最近のキットです。FTFにしては部品が多いです、と言ってもこの量ですが。
画像


履帯一体成型で1/72ではフジミなどの古いキットよりこちらの方が正解だと思うのですが、軽め穴が開いておらず、凹みで再現。
画像


千鳥転輪の重ならない部分は1mmのピンバイスで穴を開けるだけでけっこう見栄え良くなります。
画像


ちょっとアンテナ形状がもう少しいいともっといいんだけどなあ・・・

そして3月ももう終わりが近づいてきた時にやっと完成させた、今年初めてのプラモデルです。
画像


前にも書いたとおり、ハインツ・グデーリアンがフランス電撃戦時に使用したので有名な車両ですが、ロンメルの北アフリカ戦線で使用したSdkfz250/3グライフ(グライフとはグリフォンのことロンメルが愛車に書いた愛称、251より一回り小さい)に比べるとマイナーかな?
画像


一応グデーリアンの乗っていた車両のナンバー入っていましたが、確認できた写真は西方電撃戦(フランス戦)の時のもの、ポーランド戦もこの車両だったかどうか?国章の白十字は茶苦茶目立つようで、この国籍表記はポーラ
パーツが少なくて出来のいいFTFシリーズですが、デカールの質が悪く、マークが少ない点が難点・・・
画像


今回のSdkfz251シリーズでは、ヘッドライトがかまぼこ状でいただけないのでやすりで丸く成形、あと、転輪の軽め穴が凹モールドで表現なので、また先に写真を上げたとおり千鳥転輪の重なっていない部分は1mmのピンバイスで穴を開けました。これだけでちょっと見栄えがいいです。
画像

ライトはこのようにやすりで成形しました。


正直アンテナの形状が今ひとつだったり、フィギアがいない(このシリーズほとんどそうですが)のが痛い。
画像


無線指揮車なので、エニグマを持った兵士とか双眼鏡持った副官、将軍、車長の4名くらいはフィギア欲しかったなあ・・・

そういう点ではフジミのSd.kfz250/10の方が面白いですね。




1/72 独・Sd.kfz.251/6 Ausf.A装甲無線指揮車(軍用車両のキット)[FTF]
ホビーリンク・ジャパン
数量制限各商品に最大注文受付数を設定しております。ご協力をお願い致します。発売日2017-04-28


楽天市場 by 1/72 独・Sd.kfz.251/6 Ausf.A装甲無線指揮車(軍用車両のキット)[FTF] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






タミヤ クラフトツール 精密ピンバイスD 74050
タミヤ(TAMIYA)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タミヤ クラフトツール 精密ピンバイスD 74050 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グデーリアンの愛車 FTF 1/72 Sdkfz251/6ausfA The Analog life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる